メインイメージ画像

どうやって送る?電報の送り方実践報告

電報は、電話よりも古くから使われていたものでとても歴史が長いです。携帯電話やメールでのやりとりが当たり前となっている現代では電報そのものを知らない人も多いといわれています。

電報は、結婚式やお葬式、入学式や卒業式などで送られてくる電信文章で、通信事業を行っている会社を通して申し込みをすることが可能です。
電報を送りたいと思った場合、送り方はとても簡単です。インターネットで検索してみると、電報サービスのページが用意されています。

ネットから申し込みする場合は、24時間申し込みできます。文例も用意されているので、どのようなメッセージを送ればよいのかわからないという人も安心して利用できます。

そして、電報を送る際の台紙についても様々な種類が用意されていて、メッセージとともに気持ちを伝えるのに最適な台紙となっています。
台紙以外にも、ぬいぐるみなどもあり人気となっています。ネットからの申し込みの場合は、電話で申し込みをするよりも安くサービスを利用できます。

会員登録をしなくても利用できるので、手間もかかりません。もちろん電話でも電報のサービスを申し込みできます。局番は115番で、申し込みできる時間帯は8時〜22時です。電話での申し込みは文面に悩んでいる場合などに便利です。一般的によく用いられるものを提案してもらうことが可能です。

どちらの方法も、19時までに申し込みをしておけばその日のうちに届けてもらうことが可能です。急な式でも間に合わせることができるので良いです。

電報サービスを行っている企業はいくつかあります。
格安でサービスを提供しているところも多く、文例が豊富だったり台紙がおしゃれだったりと工夫されているので、利用している人が増えているようです。認可を受けている業者であれば比較的安心して利用することができると言えますので、安心してお願いできるところを探してみてください。

更新情報