メインイメージ画像

誕生日にビックリさせよう!電報で!

誕生日に電報をもらったという経験はあるでしょうか。自分の誕生日に電報をもらうのは、とてもうれしいものです。誕生日用の電報にも多くの種類が用意されています。遠くに住んでいて、なかなか会えない人の誕生日を祝いたいと思ったときに、本当ならお祝いの品を送るできなのかもしれません。それでも電報を送るということは、プレゼントを送り忘れた、ということでしょうか?プレゼントを買っていたのなら、プレゼントを送るはずです。それなのに、電報が来るということは誕生日のことを忘れていたとしか思えません。

そう思ってしまいそうですが、そうとばかりは言い切ることは難しいのではないでしょうか。

その人は、誕生日に会うつもりでいたのかもしれません。多忙であっても、いろいろと準備をこなして、誕生日に会うつもりでいたのに、当日になってどうにも予定がつかなくなってしまい、それで対応策もなくなって電報を送ったのでしょう。思い起こしてみると、電報を送っただけでも忘れていなかったことの証明にはなるということでしょうか。それとも、電報を送付して驚かせたかったのかもしれません。電報をもらったことがある人は、あまりいませんから、電報が届くと驚くはずです。

それに、電報は大変素敵なものがたくさんあります。

プレゼントは、考え方によっては、いつでももらえるものでしょう。ところが一方、電報をもらう機会は、プレゼントよりも少ない人がほとんどです。このように考えると、電報を誕生日にもらうということは、とても貴重であり、まれなことと言えます。誕生日に電報が届いた人は、とても幸福な人ということになります。

誕生日の電報は、思っているよりも値段が高いです。電報は人が配達しますからね。あなたの誕生日に、郵便局の職員があなたの為だけに電報を届けに来てくれるのです。これはとても手間のかかることです。郵便局員の人件費を考慮するなら、誕生日の電報はとてもお値打ちということになります。

更新情報