メインイメージ画像

電報は祝電だけじゃないことを知ろう

電報は、昔からいろいろなメッセージを伝えるために使用されてきた手段です。携帯やメール等、便利な通信ツールが増えたことで、この上ない存在でこそなくなりましたが、今もその形式は根強く色々なケースで活躍しています。

例として電報の一つに祝電というものがありますが、一言に祝電といっても幅広く、使用される状況は多岐に渡ります。
祝いの言葉をのせた電報は、総じて祝電と呼ばれます。祝電の使用法として、最初に結婚の場を思いつく人も大勢いるでしょう。

結婚式においての祝電は、よく知られた存在です。結婚式の祝電は、基本的に式に参加できない人間が、祝いの言葉として送るものです。送付先は式場となり、新郎新婦両方の名前や、どちらか一方の名前を宛先として、メッセージと共に届けます。式の日までにしっかりと間に合うように、早め早めに受付を済ませておくようにするのが基本です。別れを表す言葉を使わなければ、文章は自分の言葉でつづったもので問題ありません。

祝いの気持ちが直に届くような、式で読み上げられてもいいような素敵な文面を考えます。

結婚式の他、入学や卒業などの節目には、よく祝電が活躍します。
送る相手は学生となるので、それに合わせて電報の形も可愛らしいものになる傾向があります。人気が高い祝電ではキャラクターものや縫いぐるみ付といったもので、色々な趣向を提供しております。

それだけでなく出産や昇進の際のお祝い、誕生日や母の日や敬老の日といった祝いで祝電は使用されます。

電話からだけではなくて、ネットで手軽に送ることができるようになったことで、行事のたびに電報というやりとりに人気が出てきました。
生花やブリザーブドフラワーがついたもの、メロディーやボイスメッセージが流れるもの、アクセサリー等のプレゼントも送付ができるものと、祝電のスタイルは非常に多彩です。時代に合わせて変化してきた電報は、今後も人の生活に最重要なものとして、暮らしに息づいていくことでしょう。

更新情報