メインイメージ画像

電報のマナーはココで調べると良いよ

電報にはルールがあります。電報は冠婚葬祭の時に利用されることが多いのですから、冠婚葬祭に合わせたマナーが存在します。結婚式の場合は、式の日にちが早くからわかっているのですから、電報も早めに準備しておけます。午前中の結婚式の場合、電報は式の前日に式場に届くようするのがマナーです。その場合、式の前日が休日だったりすることもあるでしょう。そのような時は、式場へ確認してから電報を送るのがマナーです。

結婚式が午後に開かれる場合は、披露宴が開かれる遅くとも一時間前までに電報を送るのがマナーです。結婚式に電報を送る時の宛名についてのマナーは、新郎と新婦の連名でもいいし、新郎もしくは新婦のどちらかの名前だけでも大丈夫なのですが、新郎と新婦、お二人と面識があるのなら連名で送るのがいいですし、どちらかのお一人としか面識がないのなら、そのお一人宛てで電報を送ってもいいということになります。

結婚式の電報の宛名についてのマナーに関することで、旧姓を用いて送るのか、新しい姓で送ったほうがいいのかというものがあります。
これは普通、旧姓で送ることと決められています。これは、結婚式や披露宴の時の会場を見ても納得すると思います。

両家の姓が記載されています。二人の入籍が済んでいたとしても、旧姓で送るのがマナーです。

ただ、入籍した後、すでに何年も経っているような場合なら、新しい姓を書いて送っても結構です。
電報のメッセージ本文に関するマナーもあります。結婚式に送る電報ですので、縁起の悪い言葉はマナー違反です。

また、再婚や離婚になるような言葉を使うのもマナー違反です。

再縁もまた同じですが、再縁については意識してない場合が多いので、しっかり確認してください。再婚や再縁につながる言葉だけではありません。いわゆる、重ね言葉も使うのはマナー違反です。重ね言葉とは、いろいろ、ますます、などもそうですから気をつけるようにしてください。

更新情報