メインイメージ画像

電報を使って結婚のお祝いを送る方法を調べる

結婚披露宴に招かれた場合、スケジュール的に可能であれば出席するのが常識です。しかし、当日どうしても都合がつかないのであれば、やむなく欠席し、その代わりに別の方法で祝意を表すことになるでしょう。その表し方の一つが「電報」です。

電報は今では日常的な通信には必要ありません。しかしそれだけに「特別感」が強まって、むしろ、昔よりも意味のある通信手段に変わってきています。結婚の祝電は、その代表的な例と言ってよいと考えられます。

つまり、結婚の際に送る電報は効果的な祝意の表し方なのです。気を付けるべきポイントをいくつか紹介していきます。第一に、結婚に対して電報を送るのは、限定として結婚式や披露宴に出席できない場合です。これが決まりです。中には、招かれた披露宴に出席するにも関わらず電報も打つという人もいますが、これはマナー違反以前の非常識な行為です。あくまでも「せっかくのお招きにお応えできないので、やむなく電報で祝意を伝える」ということでなければなりません。

結婚の祝電は披露宴会場や披露パーティ会場に届けるようにしましょう。たとえば友人の家に届けても、その当日は外出中なわけです。また、披露宴で祝電を披露することが多々あるので、会場に届けるのが適切です。その際、注意するべきポイントは、届ける時間です。どんなに遅くても、結婚式や披露宴の開始1時間程度前までには届くように手配しましょう。

結婚お祝いの電報を送るときには、使う言葉に気をつけなければなりません。

「忌み言葉」は使用禁止です。「別れる」「離れる」「切れる」「戻る」など、離婚をほんの少しでも連想させる言葉はNGです。他にも、「重ね重ね」「いよいよ」「もっともっと」など、言葉を重ねるのも、結婚の祝辞ではタブーとされています。せっかくのお祝いなのだから、多少ぜいたくなオプションをつけた電報とするのもいいでしょう。生花に特殊な加工をして長持ちさせたプリザーブドフラワーつきの電報や、音楽つきのもの、気品のあるうるしの電報などもあります。相手の雰囲気に合わせて、もう一段上の価値をつけてみてはどうでしょうか。

更新情報